心配事はエイズ検査で解決【性病を早期発見する】

医療

性病はとても怖い

医療

性行為をする際に、コンドームを付ける人が増えてきています。昔の日本は、あまりHIVにはあまり考える意欲が足りませんでした。しかし、世界では最も怖い病気なっていると気づいた時はギリギリセーフになりました。コンドームはそれと同時に作られた商品で、HIV感染を防ぐために作られたものです。でも。コンドームは確実に感染を防ぐことが出来ないのです。80%の確率でならないと言われています。最近では、どんどん進化していっているコンドーム、確実に%は上がっているのですがまだ完璧に防ぐことができてないことがデメリットになっています。HIVが感染する人は、汗や涙・握手などは感染することないので、安心してください。今では、同性愛が外国には増えています。

同性愛が外国では増えてきています。同性愛でなる人もたくさんいます。そして、同性愛でHIVに感染する人はとても多いです。同性愛は、コンドームをつけてもなる確率がとても高くなります。今では、日本でも男が男を愛することは、かなり増えてきているのです。外国と違うところは、ゴリゴリのガタイのある人が愛するのではなく、若い人が多くなっています。そんなカフェも存在します。そこで、気になるのはそんなカフェにカップルから人気があるのです。つまり、日本にはあまり同性でHIVになる可能性が高くないです。世界の有名な歌手もHIVで亡くなった人も多くいますので、気をつけて行動することが大切です。夜遊びには気をつけましょう。